So-net無料ブログ作成
検索選択

合法なことと正しいこと [日記・雑感]

4月3日のファイターズ対ソフトバンクの試合中、田中賢介選手がセカンドにスライディングする際にダブルプレーを防ぐために相手の川島選手の足をすくう形になり、その結果川島選手が負傷するというプレーがありました。

そのプレーに対して、ソフトバンクの工藤監督は危険プレーとしてアピールしたのですが、審判の判定は覆らず、3塁走者西川選手のホームインが認められ、これを足掛かりにファイターズは逆転勝利をおさめました。

このプレーを巡ってネット上でも賛否両論意見が交わされましたが、プロ野球OBの解説者は概ね「問題ない」という意見のようで、ルール上はセーフということで決着がつきそうです。

このプレーは私もテレビで見ていましたが、賢介選手が、1、2塁間の走路から逸れた位置にいた川島選手の足をすくいに行く形でスライディングしているのは明らかですから、スライディングに不自然さがあるのは否めず、意図的に足をすくいに行ったということを否定する人はほとんどいないと思います。賢介選手も、意図的だったと認めるかもしれません。

しかし、それは、長いプロ野球の歴史の中で当たり前に行われてきたプレーであって、たまたま川島選手がけがをして、ファイターズが同点に追いついたから問題が大きくなっただけなのかもしれません。

ここで、考えてしまったのは、昔から普通に行われてきたプレーだからといって、それを是として、何も問題にしないということが良いのだろうかということでした。

法律の世界でも、違法として取り締まられていないから処罰されなくても、社会的な評価として「それはないだろう。」という行いは数多くあります。そんな行為は、合法であったとしても、社会的には「正しくない」と評価されます。

そんな法の抜け道をうまく使って大儲けしたとしても、社会は、大儲けの理由を知っていれば、その人を尊敬することはないでしょう。

私は、賢介選手は素晴らしい選手だと思っていますし、あの試合にファイターズが勝利したことは単純に嬉しいと思っているのですが、それでも、あのプレーに関する限りもやもやするものが残ってしまいました。

自分が応援するチームは、誰からも後ろ指をさされない形で勝利して欲しいと願いつつ、そんなお人好しなことではギリギリの試合を勝ち切ることはできないという現実もあります。

プロ野球の世界ではあのスライディングは問題ないとしても、個人的には、誰からも後ろ指をさされないような仕事をしていきたいと改めて思ってしまったプレーでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ