So-net無料ブログ作成

徳有る者は必ず言有り。言有る者は必ずしも徳有らず-橋下市長の一連の発言について [論語・孔子]

最近、論語関連の書物を読んでいます。これは、ひょんなことから、札幌市の生涯学習センターで開催する「さっぽろ市民カレッジ」の講師をすることになったからで、テーマは「ビジネスに役立つ『論語』の教え」というものです。

 「論語」を読み耽る日々                                         
弁護士がどうして「論語」の講師をするのかという疑問は当然あると思います。私にオファーがあったときに私自身も思ったのですが、私が主催していたマスダアカデミーという企業経営の勉強会のテーマとして、渋沢栄一の「論語と算盤」を取り上げた回があったのを、ネット検索した担当者が見つけて声をかけてきたのでした。

正直なところ、論語は専門でもないので講師を引き受けるのに躊躇するところはあったのですが、道徳観のあるビジネスということについては常に意識していたことでもありますし、私が所属しているロータリークラブの職業奉仕という考え方も、職業をよりよく行うことで社会に奉仕しようというものですから、この考えを広める一助になればということでお引き受けすることにしました。

といった訳で、「論語」について十分な蓄積がある訳でもありませんので、講師として恥ずかしくない程度の基礎知識は押えておく必要があるということで、今月は論語に関する書物を読み耽る日々となっている訳です。

論語は、頭でっかちに考えて書かれた書物とは違って、孔子とその弟子たちとの言行の記録ですから、そこに収められている内容を自分の行いに置き換えて振り返ることができるという意味では、論語が形作られてから2000年以上経過した今日においても、私たちの行動の指針となるものです。

 今、話題の橋下氏の発言のいろいろ-マスダの見解は?                      
そんな論語のことを考えているときに、橋下大阪市長のいわゆる「従軍慰安婦発言」が飛び出しました。橋下市長が最初に発言した時にどのような思いを持っていたのかは良く分からないのですが、おそらくアメリカ訪問を前にして、韓国の従軍慰安婦問題を追及する団体が慰安婦の像を建てたりしてアメリカ国内に誤った歴史認識を固定化させようとしている動きを苦々しく思っていたことを思い起こして発言したのではないかというのが私の推測です。

それはともかく、話した内容はどうだったのか。少なくとも、周囲の反応は橋下氏の想定とは全く違うものでした。彼の読みでは、外国の一部や女性擁護団体などからの反発はある程度織り込み済みだったでしょうが、大多数の日本人は支持してくれて、アメリカ政府の反発もあるかもしれないけれども大きなものではない。話せばわかる程度のものと踏んでいたのだと思いますが、実際には、国内外からの大バッシングでかなりうろたえてしまいました。

その結果、慌てて火消しに回ったのですが、彼の説明が当初の論調とはかなり異なっているために、マスコミはその矛盾を追及する。その追求のしつこさに感情的になって、更にマスコミを敵に回す。といった悪循環がここ数日続いた訳です。

昨日になって、少し冷静になった橋下市長は、マスコミ対応は正常化したようですが、自分の認識が誤っていたとは言いません。ここで誤りを認めてしまうことは政治家としての立場を危うくするという皮膚感覚がそうさせるのかもしれません。

こんな一連のやり取りを見ていて思い浮かんだのが「徳有る者は必ず言有り。言有る者は必ずしも徳有らず」という論語の一節です。意味するところは、徳のある人は必ず人の心に届く言葉を発することができるが、言葉の達者な人が必ずしも徳のある人とは限らないという意味です。

橋下氏は、これまで、刺激的な言動で世間の注目を集めて、その注目を梃に自分のやりたいことを実現しようという手法を取ってきました。その言動は、自分に反発する人からある程度叩かれることは覚悟したうえで、それでも世間の耳目を集めて行動を起こすことが自分の思いを実現できる最善の方法だという認識からなのだと思います。

その意味では、橋下氏はまさに能弁な「言有る者」なのですが、その言動に人としての温かみが感じられないと思うのは私だけでしょうか。私の偏見かもしれませんが、彼は、究極のリアリストで、求める結果のためには手段を選ばない発想の持ち主ではないのかと思っています。

戦時中は従軍慰安婦が必要だったという発言についても、今は、「その考えは誤りだが当時は必要だったのだ」と釈明していますが、それなら、沖縄の米軍司令官に日本の風俗産業を利用するように進言するという発想が出てくるはずがありません。彼は、本心では、戦争という極限状態にいる軍人の精神衛生のためには従軍慰安婦は必要悪だと今でも思っているのだと思わざるを得ないのですが、それは、慰安婦となる立場の人たちに対する思いは置き去りの為政者側の発想です。

***********************************************************

「徳有る者」の発言は、弁舌が優れていなくても多くの人がその思いを共感できるので、聞く人の心に響きます。一方で、弁舌が達者なだけでは、必ずしも多くの人の共感を得られるわけではありません。

今回の一連の騒動を眺めていて、論語とからめてこんな感想を持ってしまいました。
皆さんはいかがですか。


*****************************************************************
 会社の経営についての相談、研修講師、法律に関する勉強会の依頼
 相続、労働、債務整理・・・お悩みのかたはまず「プロ」に相談を!
 詳しくは、マスダの所属する札幌総合法律事務所http://www.sapporo-sogo-lo.com/
 または
 コンサル弁護士マスダオフィシャルウェブサイトhttp://www.masudaweb.jp/へどうぞ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ