So-net無料ブログ作成
検索選択

ファイターズ糸井トレードの衝撃 [ゴルフ・野球]

1月23日、ファイターズの糸井、八木両選手とオリックスの木佐貫、大引、赤田3選手の交換トレードが発表されました。ファイターズファンにとっては、今シーズチームの屋台骨を支えると期待していた中心選手が突然いなくなったわけですから、ショックは計り知れません。

私は、23日午後から某セミナーを受講していたため、そのニュースを知ったのは夕方になってからで、最初は自分の目を疑いましたが、この現実は変えようがないことですから、個人的には、このトレードの両チームにとってのプラス・マイナスを分析する方に興味が移りました。

 マスダのファイターズ×オリックス トレード分析                                   
オリックスにとっては、日本の野球界でトップクラスの糸井の守備力に加えて、安定した打撃力を手にできたことは計り知れないプラスです。加えて、昨年復活の兆しを見せた八木投手を獲得できたのですから、その代償として、2011年の開幕投手の木佐貫、選手会長に就任したばかりでショートのレギュラー大引、俊足・巧打の赤田といったレギュラー選手3名を放出したとしても、短期的にはプラス面の方が大きいような気がします。

一方のファイターズにとっては、キャプテン田中賢介が抜け、金子、小谷野が手術で開幕に間に合わないかもしれず、期待の若手はまだまだ未知数といった内野手が最大のウイークポイントでした。ファイターズは、ここ数年、高卒の大型内野手をドラフトで獲得しており、ポスト金子の準備はしているのですが、金子の守備力を補う戦力は育ってきていません。そこに大引という安定感のある選手を獲得できたのが最大のプラスだと思います。

また、木佐貫も巨人に入団した年には新人王に輝き、オリックスに移ってからも良い投球をしていながら結果に結びつかない残念な試合が多かった印象で、ファイターズのディフェンス陣をバックにすればかなり成績の向上が期待できます。また、性格的に優しい選手のようですから、関西の厳しいファンの前でやるよりも北海道の家族的なファンの応援でプレーする方がのびのびと実力を発揮できるような気がします。

赤田については、正直なところあまり印象がなくコメントができないのですが、糸井の抜けた穴を埋める第一候補であることは間違いないと思います。ただ、ファイターズの外野の若手にとっては、これまで盤石と思われていた3人の外野のレギュラーの一角が空いたわけで、今年のキャンプはライトのレギュラー争いが最大の見ものかもしれません。(個人的には谷口に期待しているのですが…。)

スポーツ紙などでは、糸井をトレードで出したのは大谷をライトで使うための布石ということも伝えられていますが、当面は投手優先で行くということですから、いきなりライトのレギュラーと考えるのには無理があります。

双方の戦力分析をしてみただけでも、オリックスに分がありそうな今回のトレードではありますが、それではどうしてファイターズがトレードに踏み切ったのかということです。一部報道ではこのトレードはオリックスからの働きかけということのようですが、オリックスが補強ポイントとしてライトに打てて守れる選手を補強したいと考えていたところに糸井の契約交渉難航のニュースを聞きつけて出血覚悟でファイターズに働きかけたというのが、話の流れとして最もありそうなことです。

 なぜ、このトレードは成立したのか                                   
それでは、どうしてファイターズがこの話を受けたのかと考えると、やはり糸井のポスティング希望が最も大きな理由と考えられます。糸井は、今年の契約更改交渉で、年俸面の不満に加えて今シーズンオフにポスティングを利用したメジャー移籍を要求したということです。これも一部報道の話ですが、糸井側代理人はポスティングを認めてもらえないなら他球団へのトレードを求めたという話もあります。

ファイターズの球団方針としては、選手の意向は尊重するというスタンスではありますが、糸井というかけがえのない戦力でも今後1年しか働いてもらえないということを考えると、中長期的には、より長く活躍してくれる選手を複数獲得することのメリットを考えたとしてもあながち不合理なことではありません。

加えて、糸井の年俸額がネックになっていました。今回の契約交渉は最終的には球団側が金額を上乗せするという形で締結間近ということでしたが、それもトレードを前提に上乗せの話をしたということで、ファイターズ自体が上乗せした年俸を支払うという判断をしていたわけではありません。ファンの目から見ても、糸井の昨年の活躍で1000万円しか年俸が上がらないのは少ないと思っていましたが、それでも、球団の年俸総額はソフトバンクに次ぐパリーグ2位だったとか(今回のトレードで3位になるようですが。)

ファイターズは球団経営に関してはかなりシビアに計算する会社ですから、将来的に糸井一人に割ける年俸の額を考慮すると、この辺りで手放して他の戦力を獲得することの方がメリットと考えたのだと思います。

糸井本人にとっては、オリックスに移ってしまえばポスティングによるメジャー挑戦は不可能に近くなると思いますし、海外FA資格を取得するころには年齢的な問題もあるので、今後のメジャー挑戦の可能性はかなり低くなったかもしれませんが、出身地の京都に近い球団で、親会社の資金力もあるので、年俸もファイターズよりは多くもらえそうですから、悪い話ではないのではないでしょうか。

=====
それにしても、糸井を敵に回すということは、あの広い守備範囲と強肩、俊足・強打を敵に回すということです。オリックスは例年シーズン前の下馬評が高いチームではありますが、今年はこれで本当に優勝候補の一角に確実に名を連ねそうな戦力になりました。

トレードでは悲喜こもごもの人間模様が繰り広げられますが、両チームやファンにとって、やってよかったと思えるような結果に結びついてほしいものです。


*****************************************************************
 コンサル弁護士マスダってどんな人?
 気になる人はFacebook、ツイッターをチェック!
 マイベストプロ北海道にも登録しています。
 Facebookページ https://www.facebook.com/consultant.lawyer.Masuda
 Twitter https://twitter.com/masahiko_masuda
 マイベストプロ北海道 http://mbp-hokkaido.com/m-masuda/



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

ブログを作る(無料) powered by So-netブログ